5話:隠し事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

つづく


←4話    話→


読んでいただきありがとうございます。

ここで、ミナ(リク)の秘密が一つ解明されそうになってきました。リクは女性なのか?というところです。次回に続きます。

 

★作者からの解説(余計だと思う人は飛ばしてよし)★

・海星がギターを壊され、右手をヒールで踏まれて負傷します。ギタリストにとってはこれ以上ない屈辱です。だけど彼はこのとき亜美に反撃はしませんでした。代わりに出て行ったのが倬です。倬は自分よがりで亜美に殴りかかったのではなく、海星の気持ちを理解したうえでこれは殴ってもいいくらいだと判断しています。海星は今までキモキャラポジションで登場していましたが、倬は海星のことをキモいとは思っていないしとても尊敬しています。いつも海星のことを気づかってきました。二人の関係は今後のストーリーでわかっていくと思います。

・倬が相手が女性なのに殴り掛かるというところに賛否両論あると思いますが(たぶん否の方が多いかな^^;)倬は性別の違いで人の扱いを変えることを嫌います。だから、女性であろうと容赦しません。

・一方、光輝はどんなことがあっても人に暴力を振るうことはよくないことだという考えを持っている平和主義者です。倬はそういう考えの人を「偽善者」と思っています。だから二人は性格が合いません、そもそもあまり仲良くないことがここで少しわかると思います。

・ちなみに、倬は運動神経抜群で怪力なので本気で殴られたら骨折しますw光輝はめっちゃ弱いです。運動神経悪いです。ガンバレ光輝!

・5話の後半で亜美がミナと同じブライト事務所にいることがわかります。しかも枕営業しているな…というのを匂わせるシーンがあります。女って恐ろしい~

・ブライト事務所は業界最大手ですのでそこでデビューできれば間違いない‼ということですよね。亜美はしたたかでズルい女です。女に嫌われる女ね。目的達成のためになら何でもやります。

・ミナが女なのか男なのか…次回に続きます!


コメント: 0