23話:イイコ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

つづく



読んでいただきありがとうございます。

ついに会場に入れました!そして、初めて海星と日向子が顔を合わせます。まさかのカツラ落ちた事件発生…ここ笑っていいとこ?…続きます。

 

★作者からの解説(余計だと思う人は飛ばしてよし)★

・冒頭、幼い頃の倬が登場します。倬がこの場面で思い出した記憶を、読者の皆さんにもお見せする形で描写しています。小学校の先生になにをされたか、中学校のいじめっ子になにをしたか、などは描かれていません。それは倬自身が思い出したくないため、記憶から消そうとしているからです。具体的に何が起こったのか今後わかるときがくるかもしれません。

・前回のタイトル「ダレよりも醜く美しいカレ」とは倬のことです。周りからはキレイな人と思われていますが、本人は自分のことが嫌いだし醜いと思っています。倬はミナのことを知り、孤独な過去を持つミナのことを自分とよく似ているんじゃないかと感じた半面、ミナはとても純粋で素直な性格だということをひしひしと感じます。だからミナと自分は「違う」と感じてとても切ない気持ちになってしまったのだと思います。

・あとタックンが珍しくフードを着ていません。これはミナちゃんの前で「素直になるよ、隠し事しないよ」という意思を暗示しています。

・ライブ会場の楽屋で杉本が持って来たクッキーを食べない倬について。彼の他人のことを信用していない性格が現れています。知り合いからももちろんファンからのプレゼントも受け取らないひねくれぶりです。…あれ?でもミナのクッキーは食べていたよね?ってとこに気づいた人はすごいかも(゚д゚)!

・ついに海星と日向子が初めて顔を合わせます。ライブの冒頭で海星がギターを間違えてしまいました。しかもとても簡単なところで思いっきり弦をひっかいてピックを落としてしまうという致命的なモノ。普段はそんなミスなんてしません。彼がどれだけ緊張しているのかがわかるシーンです。

・あと、彼はいつもステージ上でロン毛なので、ファンに顔バレほぼしてません。だから会場をうろついてもバレませんw

・日向子が海星のファンなのは、ポルカの曲が好きだから、それは納得いくと思います。でも海星は何で日向子のことをそんなに特別視しているのか、ファンなんて他にもいっぱいいるしバンドしているなら美人な子にもモテそうなのに…?次回お楽しみに!

 

他にも話の中での疑問点などあったら追加で解説します。もしなにか質問ありましたらコメント欄までお願いします。(ネタバレにならない内容ならばお答えします^^;)

コメント: 2
  • #2

    春田咲(管理人) (土曜日, 19 8月 2017 09:34)

    ナナシさん
    いつも読んでいただき、コメントくださりありがとうございます。本当に励みになってます!
    海星がなんで日向子にこだわっているのか、考察していただけるなんて嬉しいです(∩´∀`)∩だんだん判明していくと思うので楽しみにしていただけたらと思います^^海星は一般的に見て美人を「ブス」と言ったり、日向子みたいな子を会ったこともないのに「天使」と言ったりちょっと変わっています。
    女の子に向かってブスというのは性格悪いと思った方も多いと思うのですが、海星に関してはイイコに描くつもりはなくて、逆にそこが彼の魅力だと思ってます。私が悪いですね(^^;)

    諸事情ありまして作業の進みが思うように言ってないのですが、必ず更新するのでよろしくお願いいたします!m(__)m

    春田咲

  • #1

    ナナシ (金曜日, 11 8月 2017 08:14)

    更新おつかれさまです!
    今回も話の内容てんこもりで面白かったです

    ミナちゃんもひなこちゃんもヒーローSにとっての天使ですねv
    ひなこちゃんは(きれいな音を拾う意味で)耳が良いのかな?と思いました
    海星が惹かれるならここかな?と

    いつもおもしろいマンガを読ませて頂いて感謝です
    これからも作者さんとヒロインSを応援しております!