11話:僕は君を知らないけれど知っている

スポンサードリンク

スポンサードリンク

つづく



いつも読んでいただきありがとうございます、感謝ですm(__)mミナがパニックになってわけわからん事してますが、見守ってやってください。次回に続きます。

 

★作者からの解説(余計だと思う人は飛ばしてよし)★

・冒頭に新キャラが登場します。すごく重要なキャラクターです。

・光輝がネットで有名になりつつあります。口コミで広がるほど実力のあるボーカルということがわかります。本人はボーっとしてるのであんまり自覚ないけど^^;

・光輝が歌えなくなったとき、海星がホワイトレコードの社長と言いあっていたことが判明します。そもそも海星が土下座をするってすごいことなんです。(人にこびないタイプなので)それほど光輝のことをかばっています。

・また、経済的なことを考えると社長のいう事を聞いておくのが無難ですよね。ホワイトレコードはメジャーレーベルですので、そこと契約できるということはチャンスです。それでも社長に思いっきり言いたいことを言う姿、海星の信念がいかに強いかが現れています。言い方は荒っぽいですが、一貫して筋が通っているので社長側にも海星の気持ちが伝わったのだと思います。

・倬は静かなんですが、何気にいつも海星の後ろについて回っています。なんでだろう?果たしてその実態は…。とにかく二人はよくケンカするということはわかったと思います(;^ω^)

・お風呂のシーンは数年前に描いたネームのときはなかったのですが、今回作りました。ドキドキするしいい展開になる、ストーリーも短縮できて早く進むし…ということで導入しました。ちなみに、ポルカのメンバーは日本の寒い冬を知らないので、温泉とか銭湯にすごく憧れてはしゃいでいます!(子供だね!)

・ミナちゃん…ピュアでおバカなので作者も心配です。…つづきます。


コメント: 2
  • #2

    くま子 (金曜日, 24 2月 2017 11:34)

    まさかのミナお風呂入っちゃうの?!大丈夫かっ(°д°)

  • #1

    ななし (金曜日, 24 2月 2017 00:31)

    海星の性格好きwつづきが気になる!